< 1 2 3 4

専門家等の報酬支払の拡大源泉税が8% に

10 Jan 2018

専門家などへの支払に係る拡大源泉税が、15%あるいは10%から、8%に変更されました。

新給与源泉テーブルの発表

02 Jan 2018

January 1, 2018より有効となる新給与源泉テーブル

税制改革パッケージ1(通称TRAIN)まとめ

29 Dec 2017

税制改革パッケージ1で現行の税法を改正する共和国法10963番。大統領の拒否権行使した条項も要確認。

もし工場長が企業経営者になったら 第16回

03 Dec 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第16回:統治基盤に対する客観視(1)-統治基盤の重要性-

経営者のための会計税務解説 第9回

02 Nov 2017

ドゥテルテ政権下における税制改革の中で、個人所得税の課税テーブルの変更が注目を集めている。この変更は、フィリピン法人で働く日本人駐在員の個人所得税にも大きな影響を与える。前回は、納税義務者と適用税率について解説をした。今回は留意点と計算イメージについて解説をする。

もし工場長が企業経営者になったら 第15回

02 Nov 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第15回:人・組織に対する客観視(3)-離職率の高さについて-

もし工場長が企業経営者になったら 第14回

03 Oct 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第14回:人・組織に対する客観視(2)ー人・組織・風土の評価ー

経営者のための会計税務解説 第8回

17 Sep 2017

現在、フィリピンの税務調査の対象は法人が中心であり、個人に及ばないことが多いため、日本人駐在員の確定申告を行っていない企業も散見されるが、各国の税務調査の動向を考慮すると、数年後にはフィリピンでも個人所得税の税務調査が本格化すると考えられる。今回は、フィリピンにおける確定申告のポイントについて説明する。

経営者のための会計税務解説 第7回

12 Sep 2017

2017年3月に内国歳入庁(BIR)から発表されたルールの発令以降、新たに6月26日から簡素化された新ルールが適用されることとなった。今回はアップデートされた点を追加して解説する。

もし工場長が企業経営者になったら 第13回

03 Aug 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第13回:人・組織に対する客観視(1)ーフィリピンの人・組織を理解するー