< 1 2 3

もし工場長が企業経営者になったら 第12回

04 Jun 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第12回:事業に対する客観視(4)ー親会社と子会社で現地ビジネス環境に対する認識ギャップー

もし工場長が企業経営者になったら 第11回

04 May 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第11回:事業に対する客観視(3)ーフィリピン法人における3C分析の利用ー

もし工場長が企業経営者になったら 第10回

04 May 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第10回:事業に対する客観視(2)ーフィリピン法人のチャンスに気付くー

もし工場長が企業経営者になったら 第9回

03 Apr 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第9回:事業に対する客観視(1)ー親会社の期待と子会社の実態ー

経営者のための会計税務解説⑤

19 Mar 2017

2009年に観光法が成立したが、整備が遅れていた優遇税務ルールについて、2016年11月にようやく規定がBIRより発布された。フィリピンの観光業のポテンシャルや、税務優遇制度の概要、留意点などを解説する。

もし工場長が企業経営者になったら 第8回

12 Mar 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第8回:財務に対する客観視(7) - 会社の安全性 -

もし工場長が企業経営者になったら 第7回

06 Feb 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第7回:財務に対する客観視(6) - 会社はもうかっているか? 3 -

もし工場長が企業経営者になったら 第6回

05 Jan 2017

もし工場長が企業経営者になったら 第6回:財務に対する客観視(5)~会社が儲かっているか? 2~

2016年12月号

01 Jan 2017

2016年12月発行のジャパンデスクメールマガジンの過去記事です。

経営者のための会計税務解説④

27 Dec 2016

アセアンの中でも高いとされている法人税、個人所得税の見直しが方針の一つとして挙げられ、その草案が提出された。投資、個人消費の増加が期待される一方、歳入額を保つ為の策も打ち出されている。現状の課題と合わせて、ドゥテルテ政権の税政策が今後の投資、及び既に進出している企業にどのような影響を与えるのかレポートする。